吉備真備公園

大名行列

矢掛町には、大名行列を再現した"大名行列祭り"が、毎年11月の第2日曜日に開催されています。
私も実は時間をやりくりして少しだけ見てきました。思っていた以上に屋台などが出店していてなかなかの盛況ぶりでした。

写真も撮ってきましたが、とりあえずyoutube動画を見つけてきましたので、掲載しておきます。
2007年の大名行列祭りには鉄砲隊も来ていました。
この動画はその鉄砲隊の演技(?)の様子を写したものです。
現場で見てみると、かなりの爆音です。まさに迫力十分でした。
この動画の銃は普通のサイズですが、この後に、大筒タイプや拳銃タイプの火縄銃も数種類出てきて、人々の歓心を買っていました。


次は大名行列の様子を撮影した動画です。
これも実際に見たのですが、想像以上に長い行列で、しかも皆さんゆっくりゆっくりと歩かれていて見ていて「大変だなぁ。。。」なんて思ってしまいました。
少し笑えたのは、若手の男性です。男性も結構な厚化粧をされていましたので、皆さん目が泳いでいる!
あと、この動画に写っているかどうかわかりませんが、この大名行列には外人さんの男女も数人参加されていました。なかなか国際色豊かですね。

倉敷や総社にも負けてない矢掛の観光スポット

矢掛町は、岡山県の南西部に位置する、人口1万6千人ほどの小さな町です。

隣接する自治体が倉敷市、総社市、井原市、笠岡市など、すべて市ということもあってか、残念ながら過疎化の流れのまっただ中にあることは否めませんが、観光スポットは近隣市町村に負けないくらい豊富といえます。

吉備真備公園、下道氏の墓、圀勝寺、大通寺、本陣石井家、茶臼山城址、矢掛郷土美術館、鬼ケ嶽、ホタルの里などなど。


特に、本陣、脇本陣に関しては、両方ともが当時の風情そのままに残されており、これは全国の中でも矢掛町だけという稀少さです。

毎年11月には当時の大名行列の様子を再現した矢掛宿場祭りが開催され、総勢80名にも及ぶ大人数で編成された大名行列が、「した〜に〜、した〜に〜。」という掛声のもと、宿場街道を練り歩きます。



また、茶臼山城は、かつて毛利元就の四男が築いた山城で、かの天下人、羽柴秀吉も数回に渡り、この茶臼山城を訪れていたとの史実が残されています。

今はそのお城もすっかりなくなってしまいましたが、その代りに桜の名所として毎年春には大勢の花見客でにぎわっています。

あと、実際に矢掛に日帰り旅行してみて印象深かったのは、やっぱり矢掛郷土美術館の鯉たちですね。

かわいいとは思えませんでしたが(笑)、迫力のある"泳ぎっぷり"と"せがみっぷり"には脱帽してしまいました。矢掛に旅行に行かれる方が郷土美術館を外すことはないとは思いますが、是非行ってみてください。

たくさんの錦鯉たちに、「襲われるんじゃないか?」と思ってしまうくらい寄り付かれてしまいますから。







矢掛町の行事予定

矢掛町のイベント関係についてわかる範囲で掲載しておきます。矢掛町に行かれる際の参考にしてみてください。例えば11月とかに行かれるのでしたら、大名行列のある日なんかに行く方がより情緒深い矢掛を味わえて楽しいと思います。

4月(花見がいたるところで楽しめます/圀勝寺の椿もいいですね)

  • 嵐山夜桜(初旬)
  • かいどう祭り:吉祥寺(中旬)
  • ふくふく地蔵祭り:禅源寺(第3日曜日)

5月

  • 吉備公祭:吉備真備公園(5日)

6月(矢掛はホタルでも有名です)

  • 宇内ホタル観賞会:宇内ホタル公園(上旬)

9月(水車の里でぶどう狩りや梨狩りが楽しめます)

  • 観光ぶどう園:水車の里(中旬)

10月(田舎の祭りはいかにも日本的で癒されます)

  • 10月は、各地で秋祭りや備中神楽が行われるそうです。

11月

  • 宿場祭り大名行列:矢掛商店街(第2位日曜日)

12月

  • 吉備大臣宮越年祭(吉備真備公園)

矢掛関連情報のリンク

吉備真備のふるさと

矢掛中心部

矢掛郊外

サイトについて

当サイトはリンクフリーです。どんどんリンクしてください。また、相互リンクも常に募集しています。相互リンクについてはジャンル的な問題がある、サイト内容が著しく乏しいなどの場合を除いては基本的に大歓迎ですので、お気軽にお誘いくださいませ。
【姉妹サイト】
久米南町旅ある記


【掲載されました!】
岡山県
旅行口コミ情報


Copyright © 2007 ニッチ旅行倶楽部. All rights reserved