横谷地方


いきなり何の変哲もない写真からですが、この写真に写っている土地は、横谷と呼ばれている地方になります。

この横谷地方をなんでわざわざ写真に撮ってきたかというと、結構すごいなと思うような記述を矢掛郷土美術館に見つけたからです。


それは、、、


岡山といえば、いろいろな名物、名産がありますが、その中のひとつに、備前長船があります。

この備前長船、何かといいますと、日本刀のことでありまして、人によっては日本刀の代名詞とまで表現されています。


なぜ日本刀の代名詞なのか。


それは、何でも、現存している日本刀の多くは、備前刀なのだそうです。

そして備前刀の中でも、長船派といわれる人たちが作り出した刀を特に備前長船といい、これは備前焼きと並んで世界的価値のある芸術品といわれています。


この備前長船、当然ながら長船地方で作られていた刀なのですが、何のきっかけがあってか、刀工が他の地方に出向いて刀を作ったこともあったそうです。

つまり、この横谷地方でも備前長船の刀工がやってきて刀を作ったということなのですが、なんとその時の刀が徳川家康の愛刀になっていたそうなんです。

今でも、この横谷地方で作られた備前長船が、家康の愛刀として日光東照宮に保管されているそうです。

すごいですね。

吉備真備のふるさと

矢掛中心部

矢掛郊外

サイトについて

当サイトはリンクフリーです。どんどんリンクしてください。また、相互リンクも常に募集しています。相互リンクについてはジャンル的な問題がある、サイト内容が著しく乏しいなどの場合を除いては基本的に大歓迎ですので、お気軽にお誘いくださいませ。

Copyright © 2007 ニッチ旅行倶楽部. All rights reserved